前回の記事では、AWS Elemental MediaConvertでのVOD+DRM配信の実現方法について、ご紹介しました。今回はAWS Elemental MediaPackage(以下、単にMediaPackage)でのDRMライブ配信の実現方法について(特に暗号化設定部分について)、設定画面をお見せしながら、簡単にご紹介していきます。

※執筆時点での情報となります。最新の情報については、AWSのドキュメントを
 参照ください。ここではDRM設定部分について説明していきます。

全体の流れ

まずは、全体の構成についてですが、大まかな流れは、MediaConvertの時と変わりません。一点、異なるのは、ライブ配信の場合はMediaPackageの前にもう一つ、AWS Elemental MediaLiveが挟まる点となります。

①のライブ映像をAWS Elemental MediaLiveで受けて、それがMediaPackageに流れていきます。そこで初めて、配信形式への変換&暗号化というMediaConvertと同じ流れに入っていきます。

以前の記事の繰り返しとはなりますが、上述の②でプロバイダーが提供するキーサーバーへのアクセスはプロバイダーのAWS API Gatewayを経由する必要があります。その認証のために、ご自身でIAMロールを作成し、それをプロバイダーのAWS API Gatewayに登録する必要がございます。構成のイメージとしては下記のようになります。

認証部分の準備は以上で、後はジョブ作成時に、必要な設定を施せば完了となります。(IAMロール作成方法の詳細については省略します)

MediaPackageでのDRM設定方法

1) 出力グループの追加

DRMを設定する箇所は、エンドポイント(Endpoint)作成時となります。チャンネル作成後のエンドポイント一覧(Endpoints)で「Add endpoints」ボタンを押します。1)画面言語を日本語に設定していても、MediaPackageは何故か英語のままです。

エンドポイントを設定する箇所

エンドポイント追加画面の「Packager settings」で、配信形式を選択します。前回のMediaConvertの記事では、PlayReady&Widevine(DASH-ISO)を選びましたので、ここでは「Apple HLS」を選んでみましょう。

2) DRMの設定

配信形式選択の下に、「Package encryption」がありますが、ここで「Encrypt content」を選択するとDRMの設定が可能となります。

選択すると、以下の画面が表示されます。設定項目がいろいろとありますが、必要最低限の項目について説明していきます。

大体が、MediaConvertの時と同じですが、いくつか異なる箇所があるので、それらも含めて、説明いたします。

項目内容
System IDs使用するDRMのIDを指定します。
DRMごとにIDは決まっています。
IDについてはこちらのページ
ご確認ください。
URLキーサーバーのURLを設定します。
Role ARNMediaConvertの時は、別の画面で
ドロップダウンから選択しましたが、
MediaPackageでは、直接IAMロール名を
入力していく必要があります。
Encryption
Method
FairPlay Streamingを使用する場合は
SAMPLE-AESを選びます。

これで、DRM暗号化をする準備が整いました。その他の設定をし終えたら、「Save」ボタンを押して完了となります。

さいごに

いかがでしたでしょうか。DRMについて難しいイメージを持たれている方は多いかと思いますが、MediaConvertの時と同様、暗号化の部分は、上記の手順を見てみても やることはそれほど多くないことがわかるかと思います。

暗号化が終われば、後は再生部分となりますが、弊社サービスでは仕様書だけでなく、サンプルも様々ご用意しておりますので、DRM配信にご興味がある方は、是非とも弊社までお問合せください。

References   [ + ]

1. 画面言語を日本語に設定していても、MediaPackageは何故か英語のままです。